会社沿革
沿革
1950年 三興パルプ株式会社を設立し、クラフトパルプの製造販売を開始。
1953年 第1号抄紙機を設立して木材より、パルプ、クラフト紙の一貫製造工場となる。
凸版印刷㈱富士工場を買収し、抄紙機を設置してクラフト紙の製造を開始。
大興製紙株式会社に商号変更
1960年 パルプ製造設備を増設。
第2号抄紙機(クラフト紙)の運転開始。
1962年 自家発電装置運転開始。
1963年 米国セントレジス社とデュオストレス紙の製造技術提携。
1965年 第3号抄紙機を増設し、白板紙の抄紙を開始。
1968年 第5号抄紙機(クラフト紙)の運転開始。
1970年 M&D方式連続蒸解装置、運転開始。
1971年 パルプ薬品回収設備を更新する。
1972年 米国クルパック社とクルパック紙の製造技術提携。
1977年 公害防止対策として連続洗浄装置を更新する。
1979年 第6号機を増設し、特殊片艶紙の抄造開始。
1984年 パルプ抄取機を新設し、市販用未晒パルプの抄造開始。
1986年 ソーダ回収ボイラー 更新、運転開始。
1987年 第2号抄紙機を改造し、高級包装紙及び特殊用途の加工原紙の抄造開始。
1994年 自家発電装置を更新し、売電事業開始。
流動床式汚泥焼却炉、運転開始。
1997年 第1号抄紙機をMHB-Fに改造。
2003年 木屑破砕設備、流動床式焼却炉 更新、運転開始。
ISO14001認証取得。
リサイクルセンター設立。
産業・一般廃棄物中間処分業許可取得。
2006年 ポラリス第1号投資事業有限責任組合及び(有)日本エネルギーキャピタルが、主要な株主となる。
2009年 白板紙事業から撤退。
売電事業から撤退。
2015年 主要な株主が、ポラリス第1号投資事業有限責任組合及び(有)日本エネルギーキャピタルより井出徳建設株式会社等に異動。